google-site-verification: googleed212fbb75c84b7a.html

マインドレスとマインドフル

マインドレスなとき

こんにちは。

気温差の激しい毎日で体調を崩されている方もいるかもしれません。
少し間を取って、休ませる時間を取ってみてくださいね。

さて、次のような時ってこころや身体にはどんなことが起きていますか?

  • 家事をしながら何か考え事をしている時
  • 仕事が忙しくて時間に追われている時
  • 家族に呼ばれて、していたことをやめるとき
  • 好きなことに熱中している時
  • 単純作業をやっている時
  • いつもと同じことをやっている時
  • 人の話を聴いている時

うっかりミスをしたり、イライラしたり、
あっという間に時間が過ぎたりしませんか?
その時というのは、その時やっていること、
その瞬間に起きていることに気づかない状態になりやすくなります。
もっともっといろんな状況で今この瞬間から離れていきます。

マインドレスがもたらすマインドレス

今この瞬間から離れていることの何が問題なのか。

と言えば、
自分にとって良いことをもたらさない考えを繰り返し考えることで、
気分が優れなくなったり、自信を失くしたりして、
必要な行動を起こせないということになったりします。
行動が思うように起こせないと、それがストレスになって、
気分が優れず、目の前のやらなければいけないことが思うようにやれない。
そうすると、ミスが増えたりして、
さらにストレスが溜るという悪循環が形成されて行きます。

「皆同じようにその悪循環の中で頑張っているに違いない」
という考えも手伝って、そのままがんばりつづけてしまうため、
この悪循環を止めたり変えたりしていくことはとても難しくなります。

その悪循環から抜け出したり、悪循環にはまっていること
、はまり始めたことに気づくことで、
ストレスを減らしていくことができるかもしれません。
そこで役立つものがマインドフルネスということになります。
つまり、その瞬間の自分に気づくということです。

マインドフルなとき

先日、庭のカモミールが満開だったので、
少し選定をしたついでに花を摘みました。
カモミールをととのえている間に、
リンゴのような甘い香りがしてきます。
花をハサミでチョキチョキ切っていると、
変な姿勢だったので、腰が痛くなってきました。
花の香りや身体の痛みというとても単純なものに気づいても、
あと少しだからこのままやってしまおうとやってしまっていました。
姿勢を直して、少しペースを落として、
花の香をかいでみたりすると、自動的やっていたことに気づきます。

マインドフルネスはそうした気づきの繰り返しです。
気づきの繰り返しを積み重ねていくことで、
体力のように伸びてきます。
そして、自分を守る新たな習慣となり、
心身を健康に近づけていくことができます。

現在、マインドフルネスストレス低減法、
そのオリエンテーションの参加者を募集中です。
ご参加をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です