google-site-verification: googleed212fbb75c84b7a.html

ご紹介を受けた方へ

ご挨拶

当ホームページにお越しいただき、
誠にありがとうございます。

初めまして。鈴木と申します。

当センターはマインドフルネスを
ベースとしたプログラムを提供しております。

担当カウンセラーの先生からのお話で、
マインドフルネスという言葉を
初めてお聞きになったかたも
少なくないかと思います。

ここではマインドフルネスについて
ご紹介をさせていただきたいと
思っています。

さて、簡単に言えば、
マインドフルネスは注意のトレーニングです。
次のようにも説明されます。

今この瞬間に気づき、
評価や価値判断をせず、
ありのままの自分を受け止め、
自らの人生を自ら選択し、
大切にする姿勢

いま抱えていらっしゃるお悩みや苦しみ、
様々なストレスに対する関わり方を
変化させていく力を
自分の内側に育てていくことができます。
したがって、
自分と上手に付き合うことが
できるようになってきます。

よろしければ、
もう少し読み進めてみてください。

マインドフルネスとは

人生は、一瞬の繰り返しでできあがっています。

今、という瞬間の連続です。
その一瞬を気に留めなければ、
どんどんと過ぎ去っていきます。
気が付かないことは、忘れ去られて行きます。

怒りや悲しみ、恥、無力感、孤独感などの
ネガティブな体験は忘れ去りたいものです。

しかし、これらは記憶に定着します。
なぜなら、
そう感じさせる出来事から自分を遠ざけ、
生き長らえさせることができるからです。

また、日常の小さな喜びや感謝、
うれしさを覚える出来事は
反対に忘れ去られていきます。

悪循環から抜け出す

マインドフルネスを開発した
ジョン・カバットジン博士はこういいます。

Jon Kabat-Zinn
Jon Kabat-Zinn

私たちは間違っている事よりも、あっていることほうがずっと多い


私たちはつい他人と比べたり、
自分の良くないところを繰り返し思い出して
自分の心の中で自分を傷つけていたりします。
そして、自分を含めて誰もそれに気づきません。

ネガティブな感情を感じることだけでも
辛く苦しいにもかかわらず、
そうした自分自身を批判や否定をし、
さらに苦しい状況に陥ることがあります。

その悪循環の中では、
生きる理由や生きる喜びを失うことに
つながるかもしれません。

マインドフルネスは、
今この瞬間に気づくことで、
その流れを変えていくことができます。

ネガティブな感情が生まれると
それを解決しようと
すぐさま動き出してしまいます。

しかしそこで、いったん立ち止まり、
いまこの瞬間の自分に気付き、
何が必要なのかという
選択と自由を持つことが
できるようになります。

そして、
実はそこにある様々な一瞬に気づかせ、
喜びや幸せ、自信、勇気、開かれた心を
もたらします。

好奇心を持つ

子どもは初めて見たものに対して
どのような目を向けるでしょうか。

これは何だろう?
どこから来ただろう?

こんな風に興味を持ちます。

そのように好奇心を持つことは
マインドフルネスに役立つ姿勢の一つです。

さて、利き手を変えることは簡単ではありません。
しかし、不可能ではありません。
利き手でない手が使えるようになったら
生活がどんな風に楽になるでしょうか。

あるいは、利き手でない手を使うことが
こんなに大変だと気づいた時、
利き手に対し感謝の気持ちが湧きます。

とても些細で取るに足らないことです。
しかし、そうした小さなことから
変化の兆しが生まれてきます。

大人になっても自分が変わっていく。
この体験は心が躍るような気がしませんか?

忘れるのも思い出すのも人間

マインドフルネスは継続が大切です。
とはいえ、続けていけないのが人間です。

しかし、マインドフルネスは
何度忘れても何度も始めることができます。
忘れても、
また始めることができます。
忘れても、
共に始めることができる仲間もいます。
忘れても、
戻ってくる場所もあります。

マインドフルネスは、
そんな風に自分自身への贈り物です。

マインドフルネスのプログラム(MBSR)に関してはこちらをご参照ください。

事前面談をご用意しています

さて、8週間のプログラムと聞くと、ご不安に感じられることもあるかもしれません。

Aさん
Aさん

8週間ものあいだ、続けられるだろうか

Bさん
Bさん

今はそんな元気はなさそう

Cさん
Cさん

思い切ってやってしまった方がいいのだろうか

そのため、事前面談を必ず行っています。
その不安に寄り添い、参加を共に検討します。
練習する時間や環境をどのように
見つけていくのかを話し合います。
プログラムに参加しようと思ったきっかけも
お聞きすることもあります。

今のあなたにとって、
参加することが有益でない場合、
参加を見送ることもあります。
その際はどうかご了承ください。

さいごに

マインドフルネスは
あなたが少しでも穏やかに、
心から健康に暮らせるように手助けをします。
私はそうできることを願っています。

あまり参加を考えていなくても、
なにか質問等がありましたら
遠慮なくお問い合わせください。

その際、紹介元のカウンセリングセンター名(先生のお名前)を合わせてお伝えくださいますようお願い申し上げます。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です